今日できないことは明日もできない

今日できないことは明日もできない 雑記

こんにちは、ざいぽんです。

今回は、「今日できないことは明日もできない」という話について書いていこうと思います。

 

「今日できることを明日に延ばすな」
とか
「明日やろうは馬鹿野郎」
とか
「今日でも明日でもできることは明日やれ、今しかできないことを今日するべき」
とか
「明日から本気出す!」
とか
色々な言い回しや似てるのか違うのかわからない教訓がありますが、そもそも今日できないことをそのまま明日に延ばしたってできません。

今日逆上がりができない人が、「めんどくさいから明日やろう」といって、練習もせずに明日に延ばしていたら、いつまで経っても逆上がりができないですよね。

 

同じように、今日記事を書けない人が明日突然書けるようになるかというと、ならないことが多い気がします。

「記事を書く時間がない」という理由なら書けることもあるかもしれませんが、知識不足、インプット不足だといつまで経ってもなかなか書けないです。

だって、普通に考えて溢れ出る知識があれば、時間が短かろうが長かろうが本来は簡単に記事が書けるはずですよね。

試しに自分が好きなことや経験したこと、いつまでも喋れるくらい詳しいことを、自分しか読まない日記帳に好きなようにありのままに書いてみてください。

まったく書けないという人はいないと思います。

 

ということは、「今日は忙しいから明日記事を書こう」と思ったときに、明日になったら本当に書けるの?と考えたほうがいいということです。

本当は知識不足で書けないだけなのに、忙しいとかやる気が出ないと考えて明日に延ばしても、明日の自分も知識不足なんだからたぶん記事は書けません。

知識不足で書けないなと感じた人は、まずインプットをしましょう。

本を読んだり、ネットで調べたり実際に体験してみたりですね。

文章の書き出しが難しくて手が止まるなら、色んな人のブログを読んで参考にしてみるのもいいと思います。

読者を気にしすぎて書けない人は、まぁ慣れていくしかないですけど、どうせ最初はほとんど誰にも読まれないので気にせずに好きなことを書いていくしかないです。

 

なので、「明日に延ばしても書けそうにないぞ」と思ったときは、そのままの状態で明日の自分に丸投げするのではなく、例えば、明日の記事のネタだけでも探しておくとか、タイトルと見出しだけでも作っておくとか、明日の自分を少し助けてあげましょう。

そうすれば、今日の自分と明日の自分の連携プレーによって、明日の自分は今日の自分ができなかったことができるかもしれません。

そういうふうに、少しずつでも明日の自分のために何かを残すという感じで過ごしていくと、できなかったことができるようになっていくはずです。

 

私自身、このブログはなかなか言葉が出てきませんが、別のジャンルだとスラスラ書けたりしてました。

なぜかというと、そのブログのジャンルは自分自身が実際に経験したことで、さらに毎日ネットでも情報収集をしていたからです。

単純に経験や知識が多かったので、書けることも多かったということですね。

 

パソコンの前でにらめっこしててもずっと書けないときはインプットを増やしましょう。

以前、情報や体験を仕入れるという考え方という記事でも書きましたが、インプットした情報を自分なりに考えて自分なりの言葉で話すだけで記事を書くことができます。

ブログを書こうとしたときに言葉が出てこないなと思ったら知識不足かもしれないので、インプットを増やしてみてください。

 

これは記事を書くことに限らずです。

今日できてないことが明日から急にできるなんてことは基本的にはありません。

少しずつでも、なにかしら前に進めるように今日から動いていきましょう。

 

というわけで、今回は今日できないことは明日もできないという話でした。

以上です。

 

コメント