Google Search Consoleに登録してCocoonに設定する方法

Google Search Consoleに登録してCocoonに設定する方法 ネットビジネス初心者講座

前回の記事↓でプラグインのインストールまで終わりました。

初期設定は前回で終わりと書いたんですが、検索結果にインデックスされるのを早めるためにもGoogle Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)にサイトを登録しておきましょう。

ここまで終われば、正真正銘初期設定は終わりと言っていいと思います。

 

簡単に終わるので、サクッと終わらせておきましょう。

 

Google Search Consoleにサイトを登録する方法

サーチコンソールトップ

まずは公式サイトのトップページから「今すぐ開始」をクリックして、サーチコンソールにログインします。

Googleアカウントが必要なので、持っていない方は作っておいてください。

 

googleログイン

Googleアカウントにログインしていない場合は、ログインからスタートします。

メールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

 

googleパスワード

Googleアカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリックです。

 

 

アカウント保護

アカウントの保護の画面ですが、そのまま「完了」をクリックします。

 

サーチコンソールプロパティを追加

サーチコンソールに登録するサイトのURLを入力して、「プロパティを追加」をクリックしてください。

 

HTMLタグ

所有権の確認の画面になるので、「その他の確認方法」→「HTMLタグ」を選択。

上記画像の黄色く塗りつぶした部分に書いてあるタグ(英数字)をコピーします。

〈meta name=”google-site-verification” content=”ここの部分の英数字“/〉

 

アクセス解析タブ

Cocoonに移動して、ダッシュボードの「Cocoon設定」から「アクセス解析・認証」タブをクリックしてください。

 

サイト認証タグ設定

「Google Search Console ID」の欄に先ほどコピーしたHTMLタグを貼り付けます。

貼り付けたら保存しておいてください。

 

確認をクリック

サーチコンソールに戻って、「確認」をクリックします。

 

プロパティに移動

問題がなければ、「所有権を確認しました」と表示されます。

「プロパティに移動」をクリックして完了です。

 

まとめ

サーチコンソールは検索クエリ(検索するときに入力された単語)やクリック数など様々なことを調べることができますが、最初はとりあえず登録しておくだけで大丈夫です。
(前回記事で紹介したサイトマップは作成しておいてください。)

 

サイトに記事が増えてデータが集まってきたら色々調べてみると面白いと思います。

 

また、今回は省略しますが、できればついでにGoogleアナリティクスも設定しておいたほうが良いです。

設定方法もサーチコンソールとあまり変わらないので、自分で調べて登録してみてください。

日々のアクセス数を確認するのは、アナリティクスのほうが便利です。

 

というわけで、今回は以上になります。

では。

 

コメント