CocoonでGutenbergを使う場合におすすめなプラグイン2つ!!

CocoonでGutenbergを使う場合におすすめなプラグイン2つ!! Cocoon

こんにちは、ざいぽんです。

 

WordPress5から搭載された新エディタ「Gutenberg」ですが、使っているでしょうか?

これまでのエディタと違いすぎてややこしいので、まだ使ってない方も多いと思います。

私も、今回からこのブログだけ「Gutenberg」に変えてるんですけど、若干使いづらいです。

 

ただ、新しく変わっちゃったもんは仕方ないので、新しい方の「Gutenberg」に慣れたほうがいいんじゃないかなぁという気もします。

というわけで、まだあんまり触ってないですけど、新エディタ「Gutenberg」の使用感とか、おすすめのプラグインなんかを紹介したいと思います。

参考にしてみてください。

 

「Gutenberg」におすすめのプラグイン2つ!!

吹き出しが作れるプラグイン「 LIQUID SPEECH BALLOON 」

まずは吹き出しプラグインです!

使い方は上記のサイトで書いてあるとおりなんですけど、簡単に説明しておきます。

  • プラグイン新規追加で「LIQUID SPEECH BALLOON」を検索→ダウンロード→有効化
  • アバターは「 LIQUID SPEECH BALLOON」の設定から変更可能(URLはファイルの詳細画面で確認)
  • 記事の作成画面でブロックの追加から「フキダシ」を選択(サイドバーでアバターや色の変更が可能)

結構簡単に使えて便利です。

蛍光ペンで線を引くアニメーションがつけられる「Markar Animation」

有料のWordpressテーマで見かける蛍光ペンで線を引いているようなアニメーションをつけられるプラグインです。

「Gutenberg」じゃなくても使えるんですけど、Gutenberg対応ということで紹介したいと思います。

プラグインを有効にするとアイコンが追加されます。

プラグインの新規追加画面で「Marker Animation」を検索して、ダウンロード、有効化すればエディタ画面にアイコンが追加されて使用できるようになります。

色や線を引く速度なども変更可能です。

Cocoonの装飾機能はほぼそのまま使えます

Cocoonブロック
ボックスやマイクロコピーなど旧エディタと同じように使えます

「Gutenberg」はブロックというのを使って記事を作っていくんですけど(説明が難しいので一度試してみてください)、Cocoonを使っているとCocoon独自のブロック(Cocoon Blocks)が使えます。

旧エディタで使えていた装飾はほぼそのまま使えると思うので、その点で不便を感じることはないと思います。

むしろ、ボックスの見出しの文字を変更できたり、トグルボックスがあったり、増えている機能もあるくらいです。

こんにちは。

この部分の文字も変更可能です。

旧エディタではコチラの記事→ 【コピペで簡単】Cocoonのボックスの文字列を変更できるようにカスタマイズのように、CSSにコードを追加してボックスの文字を変更できるようにしました。

慣れたら「Gutenberg」のほうが良くなる可能性がありますね。

「Gutenberg」でもクラシック入力は使える

クラシック

「Gutenberg」でもブロックに「クラシック」というのがあって、それをクリックすれば上記のように旧エディタのような入力画面で記事を書くことができます。

「ブロックだとよくわからん」というときは、クラシックを使って書くといいと思います。

まとめ

おすすめプラグインとか言っておきながら、今回初めて「Gutenberg」を使った初心者なんですけど、まあまあ使いづらいです。

というか、ブロック入力の利点がイマイチわかりませんね。

まぁでも、「全然使えない!無理!」というほどではないので、今後は「Gutenberg」に慣れていこうかなと思います。

まだ旧エディタを使っているという人は、一度「Gutenberg」を試してみてはいかがでしょうか。

そんな感じで、今回は終わりたいと思います。

では。

コメント